2017年8月20日日曜日

桃嫁茶話マンガ版4-3

さて、今回コミケ出て、数少ない(笑)日本のファンの方々とお会いする機会がひっさしぶりにありまして(コミティアとか時々出てるんですけどねー)、「まんが茶話の更新...」とおっしゃって下さった方がいまして。

そうかーまだそんな人いるのかーじゃあやろうかなあー(実は日本語の文章の方は、ほぼ全部できていたんで、あとは張り込むだけだったりする)とか思ったんですけど、なんかすごいめんどくさい。

古いHPビルダーのライトしかPCに入れていないから編集不自由。スキャンしてあるはずの画像が見つからない。おまけにA4スキャナの認識が不安定。の三重苦に耐えかねて、スマホ写真で、Blogに書くことにしました。楽!

よろしければ読んで、よろしければコメント入れてください。実際問題、反応ほとんどなかったもので、楽しんでいる人がいるなんて思っていなかったんですよ。そういうの言ってくれなきゃだめだよ~w

桃嫁茶話(これは漫画版)ってなんだ?という方は、ホームページの方をチェックしてください。スタイルがインターネットエクスプローラ用にデザインされているので、ほかのブラウザだとかなり見難かったりするんですが、まあエッジでも見れなくはないです。クロムは酷いもんだった...。マンガ持っていない人には意味不明な内容ですが。

ではここから本題。コミックス4巻、第三話。

この回までシナリオは薄くても確かにあった。

なぜこんなに時間がたった今覚えているかというと、「前回『見せたいものがある』といってたくろう=イグニスがももこを誘い出したが、何を見せたいのか分からないので:という但し書きの上に『見せたいものとは我輩のことだ!』と、イグニスがたくろうの体から出てくる」ってシナリオもらっちゃったのだ。

かなり前から粗筋段階での打ち合わせも無くなってたから、こっちが勝手につけた「引き」の続きなんか分からないわけだ。

これ忘れる奴いないでしょう。流石にあの温厚な富田さんもね…。忙しい中シナリオ書いて、ほとんど没じゃ当然だ。この後位からアニメのシリーズの流れから抜粋した「構成ラフ案」(アニメの設定/ストーリーだから当然マンガじゃ使えない…から使わない^^;)と、完成した分のアニメシナリオが届くようになった…うん、確かこの辺りから。


だからといって、アニメ(原作?)から、より遠く離れた、というわけでもないと思うのだが…(どっちにしろ同じってーか) こちらとしても、一応「こんな感じで流れ作りますから」てな話はしていた…と思う。少なくともリリィ&リモーネ話は確かにしたし、うん。 あんな勝手してたけど、いい関係だった…と思ってますよ、私は。


でまあ、おっしゃるとおりイグニス登場。この状況じゃそれしかないもんね。


たくろうくんにとってのきっかけ作りですね。たくろうにとって、好きだけど屈折した思いを抱いている相手、ひなぎくが「いやなヤツかも知れないが絶対に悪人じゃない」「おれはよく知っている」 …軽蔑されてると思ってた、好きな子に言われたら殺し文句だろうと。

でもって…WPの男に出来ることって身を挺してかばうことくらいなのだよ(笑)

ここは大昔はそのまた昔、私さえもTVオンエアでは知らないアニメ、モノクロの「サイボーグ009」の15話「悲劇の獣人」からちょっと拝借。


このアニメのそのシーンは…ちょっとメロドラマ的に感動的な「003、よく来てくれたね!」かなんか、そんなよーな台詞。もちろん003がたくろうだ。この角度で一撃喰らったらこんな方向に飛ばないのは分かってるけど、ズリズリしたかったのだ。

「ひなぎくは死んじゃだめだ!」が印象に残った方結構いたみたい。特に男性に。へー…な感じ。でも男に好かれる男を描けたってのは嬉しいです。


とっくの昔にサムシングオールドとして発露していたくせに、ここまで何の役にも立たなかったのはピーチの愛のウェーブがイッチャンしょぼかったからなんだろう(笑)。


しかし…この髪の毛変。膝の辺りも変。それにしても旧アイテムの方がよほど子供心を刺激すると思うんですけどね~。新しいのって、みんなただの棒じゃん?


「ウェディング結納返し」はスペースと恥じらいの都合上、カットさせていただきました。


はい、ようすけは監督の前で練習おっぽって後先考えずに探しに言っちゃうほど、ももこが好きなわけです。もっと露骨に妬くとこあってもよかったかな。まあ、あのからかい方見りゃ一目瞭然ですけどねー。好きで好きでおちょっかい出さずにはいられないお子様…。

残った仕事はゆり&柳葉=リモーネだけ。

以上、コミックス4巻、第三話でした。