2016年4月27日水曜日

ギリシャ料理と浮世絵

また浮世絵展に行ってきた話。

その前に、ギリシャ料理店スパルタに行きました。
これは、こないだ中野でご飯を食べた元生徒と二度目のデートで連れて行ってもらったところ。彼女は日本にいたころの上司に教えてもらったということですが…横浜関内駅から、知ってる人は知ってるレストランらしいですね。今回はみなとみらい駅で待ち合わせて、そこから徒歩。少し歩く。

お勧めを聞いたら「初めてなら」と全部盛りセットみたいなランチを勧められた。前菜、ディップとバゲット、スープにメインにケーキ。ランチにしては結構なボリューム。値段も2000円ほど。タコうまいw

メインはムサカ。ギリシャといえばムサカでしょと。デザートのケーキもそうだけど、スパイスが独特で美味しい。トルコ料理に近いね、隣だしね。


一緒にいったMちゃんはラム。

決して安い、というわけではないけれど、是非ディナーに、とMちゃん。こっちはめったに来ないんだけど、横浜に出るようなことがあったら足を伸ばそうかなと思えるお店ではあります。

で、横浜に出てきたので、そごうでやっている浮世絵展に足を伸ばしてきました。

猫といえば歌川国芳ということで、こないだ行った国貞・国芳にかなりかぶる展示もあったんですけども。でもやっぱりボストン美術館所蔵の作品とは刷り、保存状態ともに格段の差があったけども。

そごうって投票すきなんですかね?前回「幽霊・妖怪展」に行った時も幽霊48とかって人気投票があったなあ…。

入り口が楽しい。「写真とってもいいですけど、閉まっている時だけでお願いします」だそうです。

「撮影コーナー」 左は顔を入れるやつですね。文化村の根付みたいな面白グッズはなかったけれど、せっかくなんで国芳のクリアファイルを買った。

猫は正義ですな。ついでがなければ来なかったと思うけれど、結構面白かった。(どちらが、といわれればザ・ミュージアムのほうを勧めますが)月岡芳年とその弟子の絵なんかもあって楽しかった。閉館まで2時間で、ちょっと駆け足になってしまったのがアレだったなー。時間配分が難しい。